精密機器を配送するための方法とその相場を調べたサイト

>

配送料の相場

小型の精密機器も専門業者に頼むべき?

先にも述べましたが、精密機器の配送料は機器の種類や重量、運ぶ距離などで変わります。
パソコン、プリンター、ゲーム機、液晶モニター、ビデオカメラ、ミシン、電子基板、検査器具などは、一般の配送業者でも専用のボックスや梱包用品に入れて配送してくれます。
例えば、関東圏内から関西へ配送する場合の金額は1,500円程度。
では、それよりも大きな精密機器や、特殊な精密機器の配送を専門の配送業者に依頼する場合の相場は幾らぐらいなのでしょうか。
調べたところによると、近県であれば2tトラックで30,000円程度からで、4tトラックになると35,000円から、そして10tトラックになると、40,000円からが最低金額になるようです。
これを関東圏から関西あたりまで運ぶとなると、相場はこの倍の金額になるようで、その他必要な高速道路代金や、運ぶ内容によっても加算される場合があるので頭に入れておきましょう。

配送中トラブルが起きたら

配送を依頼した場合、人為的ミスや道路の路面状況、または交通事情で起こる突然のアクシデントは想定しなければなりません。
計画を立て、細心の注意を払ったとしても「絶対に安全」とは言えないので、配送業者は荷物が破損した場合に備えて必ず保険に加入しています。
ですが、加入しているからといって安心してはいけません。
それは、保険料が補償の内容自体で大幅に変わるため、加入する保険のタイプは、「業者次第」となるからです。
これは業者選びに関してとても重大なポイント。
どこまで補償してもらえるのか、不明な点や不安要素は必ず質問をして明確な答えをもらい、十分に内容を確認し納得した上で、契約を結びましょう。
何度も言うようですが、知らないと損をしますので注意してください。


TOPへ戻る