精密機械を配送するための方法と相場

精密機器を配送するための方法とその相場を調べたサイト

一般の配送業者と精密機器の配送を請け負う専門業者

配送を依頼する場合、一般的な荷物であっても精密機器であっても、運ぶのはトラックです。
ですので、精密機器を運ぶ際には必要な梱包と、それなりの設備が必要となるため、「専門の配送業者」に依頼する必要があります。
トラックで運ぶとなると、やはり道路状況や交通事情で起こる振動や衝撃等が問題になるので、専門の配送業者はその対処法として特殊車両を用意しています。
まず、必ず用意されているのは、エアサスペンションが搭載されているトラックです。
エアサスペンションは通称エアサスといいます。
サスペンションを簡単に説明しますと、車体とタイヤの間についているもので、走行中に生じる道路の衝撃を和らげてくれる役目をしています。
一般車両に搭載されているサスペンションは、螺旋状のバネが伸び縮みすることにより不快な衝撃を和らげてはくれるのですが、バネなのでぴょんぴょんと跳ねてしまうことが難点。
これでは荷物も跳ねて破損してしまいます。
そのことから、圧縮空気の働きでより柔軟に衝撃を緩和してくれる、エアサスペンション付きの車両を使用しています。
次に精密機器を配送する際に必要なものは、積荷の温度や湿度を管理する車両です。
衝撃同様、精密機器に高温多湿は大敵なので、これも気をつけなければなりません。
精密機器の特徴を知り、梱包、移動、トラックの荷台への積み込み方や運転すべてに対して慎重に進めなければならないこの仕事には、やはり経験豊富な人材が必要不可欠です。

TOPへ戻る